取扱製品

取扱製品

  • 個人の資産活用
  • 法人の税務対策
  • 農業と発電事業

法人の減税対策

太陽光発電事業!
法人の減税対策に成りうるか?

売電事業 = 税対策

青色申告の個人及び法人に対して優遇処置があります。

グリーン投資減税

以下のいずれか一つの税制優遇処置を選択できます。

法人税の減税を考えてみましょう!

法人が「エネタワー」を設置しグリーン投資減税を活用した場合

事例経常利益5千万円の法人が即時償却を選択した場合

現法人税額 ⇒ 経常利益50,000,000円 × 法人税率26.2% = 13,101,000円

特別償却を差し引き後の経常利益
経常利益50,000,000円 - 即時償却30,000,000円 = 20,000,000円

適用法人税額 ⇒ 経常利益20,000,000円 × 法人税率23,43% = 4,686,000円

優遇税額
現法人税額 13,101,000円 - 適用法人税額4,686,000円 = 8,415,000円

以上はあくまでも算定事例であり、内容を保証するものでありません。
詳しくは税理士へご相談ください。

グリーン投資減税の企業メリット

不動産建物などの償却は一般的に定率法が適用されるため、年々償却費用は減少していきます。
一方、不動産取得の借入資金の返済は、元利均等方式が一般的で、月々の支払いに占める利息割合は減って行きますが、元金は経費計上できません。経費計上できるのは利息部分のみになります。
つまり、建物購入後、出費の借入支払額等は変わらないが、長期になれば利息の経費計上できる額が徐々に減少、償却費用も同様に減少します。
そうなると課税所得額が増え、法人税も増えていってしまいます。
こうした企業にとって減税するためには新たな償却設備の導入が必要となります。
グリーン投資減税の対象となっている産業用太陽光発電設備は、投資効率が大きい上に、こうした企業にとっては非常に優れた節税対策が望め、これからの収益モデルとなっていきます。

グリーン投資減税
適用期間
copyright © 2014 Nihondentaku Co.LTD. All Rights Reserved.