取扱製品

取扱製品

  • 個人の資産活用
  • 法人の税務対策
  • 農業と発電事業

個人の資産運用

太陽光発電事業!
個人の資産運営に成りうるか?

現在の年収はどのくらいですか?

将来に向けて今の年収がスタートラインと考えた場合、日本で生活する場合には年収のクラス別で何ができるかを知る事は,とても大切なことだと思います!

日本人男性の年収を4クラスに分けた実態統計

平成23年 国税庁 民間給与実態統計より

それぞれのクラスでライフスタイルが異なります。

年収 ~300万円23.9%

この層では生活を最低限におさえることが最優先となるため、子供の教育や高度医療などにお金をかけることが困難な層でもあります。
健康にお金をかけることを後回しにして、貧困の連鎖が起りやすいために早い時期に健康問題を抱える傾向が多いのもこの層になります。

年収 300~600万円50%

日本国内で一番多いのがこの層です。会社員が多いために時間やお金に余裕がなく、ストレスを溜め込む人も少なくありません。
余暇を楽しむお金はありますが、将来への貯蓄は努力が必要です。
この層からローンが可能になり、ローンで車や自宅も購入が可能ですが、返済期間は生活に余裕がなく不安な状態を抱えての生活が続きます。
健康に気を配り、将来設計を賢く考えないと徐々に二極化の波におされて下の層へ移る傾向にあるようです。

年収 600~1,500万円24.5%

国内で普通に心配なく生活できる年収のクラスです。
統計的には年収800万円を超えるあたりから、散財(ローンをして贅沢品を買う)の傾向が出てくるため、油断はできません。
節度ある生活を心がけていれば、貯蓄もできてそれなりに贅沢を楽しむことができます。

年収 1,500万円~1.6%(富裕層)

極度な浪費をしない限りは、資産構築を短期間に達成可能で老後の心配もありません。また、贅沢品・嗜好品も購入可能で、趣味や旅行・ショッピング等も十分に楽しむことができます。
しかし、税金負担が大きいのもこの層で、税対策をおろそかにすると年収は多くても実収入に差が出てきます。裕福であるからこそ生活レベルを落とせない人が多いのもこの層の傾向にあるようです。

定年後の年収を考えますか?

老後の最低生活費は月26万円。
ゆとりある生活をするには、年収425万円以上が必要といわれています。
どうやって、定年後の収入を確保するか、考えてみましょう!

定年後の心配のない収入源はどれでしょう?

安心できる収入源を考える!
権利収入ってなに?

別名「不労所得」実労働なく収入源となる収入のこと!

権利収入(不労所得)とは

実は年金や保険も権利収入です。その他預金に対する利息や株の配当金,宝くじも権利収入の一つです。
すなわち、働かずして得る権利付きの収入のこと。
ここで言う権利収入とは、上記の年金や保険等以外の権利収入のことで、以下で説明します。

  1. 書籍や作詞、作曲による印税
  2. 特許出願などで得る報酬金
  3. インターネットなどの広告アフィリエイトなどの収入
  4. ネットワークビジネスなどの売り上げ報酬金
  5. 所有不動産による賃貸収入

以上がここで言う権利収入(不労所得)所得ですが、いや待てよと思った方もいると思われます。
才能や資産が必要?コミュニケーション能力、インターネットの能力がないと無理!
その通りです。しかし権利収入を手にして、定年後に優雅な人生を過ごしている人もいるのも事実です。

条件によって誰でも持てる権利収入があります!その条件とは…

上記の方は誰でも可能性があります。

政府が保証する安心な権利収入があります!

copyright © 2014 Nihondentaku Co.LTD. All Rights Reserved.